▼ATTENTION, PLEASE! (▼アテンションプリーズ!) 最新情報をお知らせします!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AW(Acting Workshop)#46  みちみちっと終了!

50回まで、あと少し。

  
AW46 7 

そうそう
ツイッターでも伝えましたが
今回は、監督とそのマネージャーとお二方が見学として
いらっしゃいました。
以前、仕事をご一緒していて
縁のあるお二方です

参加者には事前に伝えていましたが
通常、見学は許可していないことを改めて明記しておきます。

この現場が通常、俳優と演出家との間の
オープンな関係のうえで行われる訓練だからです
この訓練を経て、さらに進めば
もっとリラックスして、捉える事ができるとは思いますが・・・

今、俳優は、仕事や役が欲しい、だから
監督やプロデューサーの前で必死にアピールする事に
注意が向かい、自意識過剰な演技で見せよう見せようとし
肝心な、『そこにただ生きる、在る』ことが
できなくなってしまいがちです。
また、アピールせよ、と業界もはやし立てているかのようです。
それを良しとしている所は多いにあります。

それがオーディションやワークショップの姿であり
即興での面白さを求めてしまう

それは否定はしないが
いい演技に直結しないことは肯定します
(俺が思ういい演技ね)

自意識を開放しながら
ありのままの感受性で柔軟かつ軽やかに立ちながら
人して、生きること
その基礎がメソードアクティングの訓練には存分にあります。

それを求めるがゆえに
第三者がいるという緊張や余分な力を持ちやすく
人の目を気にする事に熱を削がれてしまいがち。

ですので・・・
話が長くなったけども
やっている事に集中してもらう為
許可した撮影や関係者以外の見学は許可していない
というわけなのです。

   
    
AW46 8 

かの世界的に有名な演出家の
ワークショップのドキュメンタリー映画
『ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古』でも
ピーター・ブルックは
同様のことを伝えていました。
世界的に著名な俳優やアーティストがそれを理解して
いなかったのも驚きでしたが。

アピールが当然だろ!
前へ出ろ。前へ出ろ。
俺は出来るんだ、見てくれ!
頭使って演技するんだ!
って思っている人は、一生、この訓練しなくて活躍できるでしょう
両方兼ね備えている人、いるかもですよね。

ここでは、何もしない事をしよう
演技しない事をしよう
本物の自分のハートを動かそう
相手と感応しよう

その稽古に尽きます


    
AW46 4 

今回、参加者は最初は見学のある状況に
ほんのり、或いはしっかり
緊張をしていましたが・・・

訓練に集中する従って
注意の集中が、見学の目線ではなく
自分が挑戦していることに向かっていき
どんどんリラックスが良くなっていきました。

その結果、いいセンセーションが起きた瞬間を目の当たりにしました
訓練を続けている過程だからこそ
その瞬間が訪れます!!

とても、素晴らしかったです。
AW46 6




しっかりと最後まで
現場をご覧頂いた、監督とマネージャーに感謝。

これ、ステージで見せたいですね。
彼ら、彼女らの、本当のハートが動くシーンを!


          

それは、3月20~22日!
ですので、しばしお預けです。。。

◆====【今後の予定】====◆

10月28日(火)

11月4、11、25日(火)

隔週から月3回へ・・・
継続と確認がやはり必要ですね

◆===============◆
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://atepuri.blog119.fc2.com/tb.php/485-a2a11c28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Google PageRank?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。