▼ATTENTION, PLEASE! (▼アテンションプリーズ!) 最新情報をお知らせします!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


小脚本『アルプス』を使用した
3週連続、春スペ、Acting Workshop #31 終了しました。


ご参加の演者の皆様、ありがとうございました。
当日と前日とキャンセルが3名ありましたが
人数制限を越えることなく、6名でトライできて良かったです。


  AW31 4

今回は2名ほど、今度の『Persona Train』に向けて
山縣演出を体感すべく来てもらいました。
どうだったかなぁ?

初の3週連続の企画でしたが
3週通して、参加できたのは4名でした。
なので、4名はぐっとさらに濃い時間をすごせたのではないでしょうか。
  AW31 リラクゼーションのための 

ある種、3日連続!ぐらいのほうがぎゅぎゅっとなるのかもですが
稽古したあとに、再度熟考する時間が各々必要であるし
その必要性も各々感じてくれていたら幸いです。

しかし、あっちゅう間だったね~。
完成、には、やはり、遠かった・・・

これ、次回の参加者には、もうちょっと引っ張ってやってみようかな
脚本の読みについても、改めて伝えたいし。

  AW31 2

これまで、ここまでチネッテ(アルプスの少女ハイジに登場するクララの家の召使)が
スポットに当たる作品があっただろうか!?
取調室での自白強要
社会の裏の構造
そこで捻じ曲げられる真実との戦い

それが、この『アルプス』というたった7分程度のシーンに
ぎゅぎゅっと詰め込まれておりました。


2人芝居って、集中力が頂点に達しているとき
どきどきするんだよなぁ。
だから、好きです。

おれ自身も、もっとトライしていきたいですね。


※稽古中の写真を撮り忘れた・・・しまった。

   AW31 3


------

売れる努力や
監督やPにしがみつく努力はするが
肝心の演技の努力をしないのを見ると・・・悲しい。
その演技も適当な指導や適当な養成所での
その場しのぎの方法や
俳優のためではなく、ただただ監督都合の方法だったりと
安易に楽に違うベクトルで努力している姿をよく見かけます。

その違うベクトルの努力から早々脱して
俳優とは、という努力へ向かう事を俺は応援します。
いろんな監督や演出のもとで活動するのが俳優ですが
どんな監督や演出でも、俳優の根底となる訓練や方法のツール
それがメソードアクティングだと思っています。

たとえ、映像や舞台で形芝居・紋きり芝居を求められようと
『俳優の心までは奪えない』ということで
ちゃんと中身を準備して、放出するための訓練を
していく必要があります。

いろんな監督や演出に耐えうる応える力になる事を願っています。

-------

毒づいてすみません。
いろいろなアプローチがあるので、あれですが、その幹だと思っていますので
今後ともよろしくお願いします。


   AW30 大澤望 興津聖

◆◆◆◆◆◆ 次回 ◆◆◆◆◆◆◆◆


5月から山縣が『Persona Train』の舞台稽古に入るため

4月29日(火)5月9日(金)

の2回を5月分とさせて頂きます。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://atepuri.blog119.fc2.com/tb.php/442-6ec6d5a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Google PageRank?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。