▼ATTENTION, PLEASE! (▼アテンションプリーズ!) 最新情報をお知らせします!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この作品を、いろいろな場所で公演したいと思っています。
いかんせん、広報宣伝がまったくと言っていいほど力不足でして・・・

カフェから劇場、野外スペース、いろんなところで出来る朗読演劇となっています。

今の時代だからこそ
声を出していきたい
その場所があるのなら、喜んで出向いていきたいと思っています。

気になる方がいらっしゃいましたら
ご連絡ください
90分の記録映像ですがDVDを送る事もできますので!

→ tasmaniatiger_project@yahoo.co.jp



この朗読演劇の演出について・・・

『Persona Train』は、いわゆる朗読を意図した演出は一切していない!
演説ならば、演説としてちゃんと読む事。
イメージで読まない!
その状況の当事者として、想像して読む事!
この決定的な違いが、伝える事のエネルギーを左右する。
だから、この3分の映像だけでも、通常の朗読のような語りではない事が察してもらえると思う。
イントネーションやら、朗読のよくある感じとか、まったく置いてきて
むしろ、そんな形式などどうでもいいのです!
とさえ言わせてもらいます。
『そこに在ること、そこにいる当事者からの言葉』から始まる言葉として演出しています。
日本語を大事にしたい気持ちもありますが
内包するエネルギーや言う人の熱の導線がちゃんとまっすぐ出る方がはるかに大事です。

そんな演出をしていおります。
どうぞ、よろしくお願いします。

演出:山縣有斗



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://atepuri.blog119.fc2.com/tb.php/424-14aa2553
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Google PageRank?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。