▼ATTENTION, PLEASE! (▼アテンションプリーズ!) 最新情報をお知らせします!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脚本と宣伝美術を担当した
イマジン・ミュージカルのミュージカル・スクエア アトリエ公演
「最後の真珠」
無事、幕が下りました。

      最後の真珠 ありがとう

観賞できたのは、1回だけでしたが
稽古場を2回ほど観にいったときよりも、それぞれが輝いて
とてもやわらかい表情をしていたのがとても良かったです

本番を通して、本番中もどんどん成長したんじゃないだろうか

この脚本は、本当に挑戦だったと思います
たぶん、難しかったよね?
普段、ダンスと歌を訓練していても
演技を訓練している子、大人、はきっとほとんどいなかったと思います。
歌とダンスがメインの作品ではないので
とても挑戦だったと思うのです。

この作品は、会話劇もふんだんに含まれていて
なおかつ、相手とのコミュニケーションも非常に多かったと思うからです。

その中で、一生懸命にわからないまま
演出の指導・指摘のもと
柔軟に子供たちも対応した結果、お客様のいい反応を生んだのだと思います。
実際、山縣が観た回のお客様は
とても楽しそうに笑って、時に食いついて、シーンをごらんになっていました。


制作、演出、音響、照明、出演者、お手伝いされていたお母様方
本当にありがとうございました。
皆さんのパワーを現場でも感じました。

そして、今回、脚本に抜擢して下さった制作プロデューサーに感謝しております。
新らたな挑戦でしたが、いい一歩を踏み出せたと思っています。

今後とも、ますます活躍が出演者・スタッフ相互にあることを
願ってやみません!

ありがとうございました。


2013年9月2日
山縣有斗






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://atepuri.blog119.fc2.com/tb.php/396-46cb69fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Google PageRank?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。