▼ATTENTION, PLEASE! (▼アテンションプリーズ!) 最新情報をお知らせします!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 さて、『JUN AI CODE』の熱がさめないままに・・・

ここで、スタッフ紹介をさせて下さい。

舞台とは、総合芸術。

何一つ欠けても、生まれなかった。

だからこそ、力を注いで下さったスタッフの方々を紹介します。

ここに記載しきれないほど多くの力が集まっていました。

割愛した部分もございますが、そこはお許し下さい! 

 

    スタッフ含め

 

◆舞台監督:川前英典さん

出会いは、去年の10月外部で作演・出演した『我輩は人間である』の時でした。

その時の舞監さんが、何を隠そう川前さんでした。

時間厳守、任務遂行、完璧!という凄い印象でした。

しかも、要望もしっかり聞いてくれて頼りになる人。

今回のセット、舞台美術(ゴーギャンの絵)も実現してくれたのも川前さんです。

本当、凄い舞監さんだと思います。ありがとうございました!!

  

◆照明:榊原大輔さん

出会いは、去年の6月。演劇グランプリ東京シアターゲートの照明さんでした。

そして、アテプリ!で常時照明をして頂いていた安齋さんとも知り合いでした。

安齋さんが東京を離れた為、縁が繋がって榊原さんが力を貸してくれました。

笑顔で無理難題も余裕で対処してくれる、ホットな照明さんです。

舞監もしたりしています。

舞台に対する思いいれの深さ、とても感じました。

ありがとうございました!

    榊原さん

 

◆音響:花澤孝一さん

ご存知、元祖アテプリ!VOL.1からずっとアテプリ!の音響をして頂いてます。

時に作曲してくださったり、舞台で必要!欲しい!と感じた瞬間に、

密かに音を乗せてくれたりと、舞台をヒトキワ読んで盛り上げてくれます。

そして、何よりもアテプリ!の成長を見守ってくれる。

ムチャな山縣演出のフリに、しっかりと応えてくれる。

とても頼りになる存在です。

時に良きアドバイザーとしても・・・。

さっそく、次回は12月末のDISCO QUEENでも音響で力を貸してくれます!

乞うご期待。

いつもありがとうございます。

 

◆フライヤーデザイン・当パンデザイン:服部直樹さん

ご存知、いつもアテプリ!のチラシや当パンのデザインをして頂いてる方です。

今回も、仮チラ(ゴーギャン版)から、本チラ(赤ちゃんのキス)、当パンまで

アイデアを駆使して、素敵な世界を用意してくれました。

短い時間内で確実に素敵なモノをデザインしてくれます。

当パンは特に、小演劇界では類をみない作品として注目を集めています。

毎回・・・凄い!!っていう。

当パンを捨てれない、みんなの思い出の作品にしてくれる方です。

ビール差し入れありがとうございました!

縁が繋がって、12月末のDISCO QUEENでも仮チラをデザイン。

ありがとうございます!

 仮チラ   本チラ

 ※仮チラ               ※本チラ

 当パン 表

 当パン 裏

 ※三つ折タイプで、中身がカラーとなりますよ。

 

◆WEBデザイン:深江豊さん

出会いは、劇団カントカークトの飲み会でした。

カントカークトのHPデザインをしていて、気軽にアテプリ!も是非!とお願いした

ところ、二つ返事でOKして下さり、アテプリ!HPを創作して頂きました。

また、管理もしていて忙しい仕事の合間に力を貸してくださってます。

『ゴッホのひまわり』をイメージしたHPがいい!という山縣のムチャ振りに

様々なアイデアをぶつけてくれました。

そして、より素晴らしいHPにすべく現在はHP改装工事も自身が納得いくまで

アイデアを出してくれてます。

いつも、ありがとうございます!

アテプリ!HP ⇒ http://www.attention-please07.com/

 

◆WEB-CM:辰巳直人さん

言わずと知れた、アテプリ!VOL.1~3まで出演してきた男。

毎回、WEB-CMを創作して力を貸してくれます。

公演を重ねるごとに、クリエーターとしての才能を発揮し、CMそのものの

クオリティがどんどん上がって行く・・・。

さらには、自身の映像に対する挑戦心でもCMを高めていく。

忙しい最中、毎回、徹夜をしながらCMに魂を込めてくれる素敵なクリエーター。

ムチャ振りに、必ず応えてくれる。

頼りになる男です。

いつも、ありがとう!

CMはこちらから ⇒ http://www.attention-please07.com/

 

◆PHOTO:福山圭介さん

アテプリ!HPの写真撮影からお世話になり、さらに『マイハマ・バイス』では

稽古場の写真をたっぷりと撮影して頂きました。

光と影を操るカメラマンです。

様々なシーンで、様々なカメラとレンズを使い分け、『生』の瞬間を切り取って

素敵な写真を撮影してくれます。

前回の本番中の撮影依頼を忘れてた・・・っていう反省を生かして今回は小屋入りしてから

ゲネまで、カメラで撮影して頂きました。

福山さんは、小屋入りしてからの通し稽古を含め、本番を含め、

合計4回『JUN AI CODE』を観劇された観劇数を誇ってます。

しかも、どれも毎回、感動した、良かった、と感嘆して下さり、祐樹を貰いました。

写真、素敵です。

ありがとうございました!

 光と影

※記載の写真は全て、福山圭介さん撮影。

 

◆映像撮影:高橋弘明さん

出会いは、『我輩は人間である』でした。

その撮影と編集を見て、作品を残すには力を借りなければ!と思い

『マイハマ・バイス』でもお願いし、今回もお願いしました。

自身の撮影の仕事で多忙な中でも、急なお願いでも、なんとか時間を見つけて、

撮影して頂いています。

今回は、撮影で稲葉さんもいらっしゃりカメラ5台を導入して撮影してくれました。

しかも、稽古場にも時間を見つけて足を運んでくださり

貴重な映像がたくさん詰めて頂きました。

舞台撮影の大変さ、難しさ、それを理解して、しっかりと支えてくれました。

出来上がりが楽しみです。

本当にありがとうございました。

 

◆Tシャツデザイン:HEAD☆ROCK(吉浦好晃)

アテプリ!VOL.1からずっと、アテプリ!の公演Tシャツをデザインして

頂いてるHEAD☆ROCKです。

VOL.1「レザボア・キャッツ」では劇中で使用し

そこから、毎回、素敵なデザインをして頂いています。

他劇団と比べて格安で提供している上に、丈夫な素材、

素敵なオリジナルデザイン。

毎回、頭をフル回転し、魂を込めてデザインして頂いています。

お持ちの方、何度も着まわして

春夏秋冬を着こなしていきましょう!

毎回、多くの方に購入して頂いています。

少ない時間を削って、いつも用意してくれます。

本当に素敵なデザイン、いつもありがとう! 

 ※HEADE☆ROCKのHP ⇒ http://www.head-rock.jp/hr_top.html

  JUN AI CODE Tシャツ type:1

                                ゴーギャン

  JUN AI CODE Tシャツ2 type:2

                                    赤ちゃん

 

◆制作協力:中内智子さん(テラ・アーツ・ファクトリー)

頼りないアテプリ!制作をみかねて、密かに支えてくれた素敵な女性です。

稽古場にも足を運んでくれて、役者を応援して下さり

会った人を元気にしてくれます。

「マイハマ・バイス」でも多大な力を貸してくれました。

そして、今回もやはり、大きな力を貸してくれました。

ムチャ振りでも、笑顔を絶やさずしっかりと仕事をしてくれます。

役者の立場にもたって、見てくれる、とっても気配りの素晴らしい方です。

自身、テラ・アーツ・ファクトリーで活躍する女優さんです。

いつも、ありがとうございます!

 

◆制作協力:祐妃美也さん

『マイハマ・バイス』ではオーディションから参加し、出演。

そして、今回は制作を手伝って下さるという事で力を貸してもらう予定でした。

しかし、そんな中、どうしても出演してもらいてくて出演もお願いしたところ

快諾してくれて、制作を手伝いながら役作りにも応えてくれました。

本番1週間前まで別の公演に出演していたりと多忙な状況下で

責任を持って、誠意を持って、対応してくれた心強い味方です。

実は、初日・・・お客様を劇場内に迎えることにも協力してくれました。

出演者で唯一、出演前にお客様を案内してくれた方です。

人手不足などアテプリ!の不手際があった中、誠意を持って対応してくれた

とても熱い女性です。

本当にありがとうございました!

 

数え上げたら限がないです。。。

他、スペシャルサンクスで記載させて頂いた方々。

応援の声をかけて下さった方々。

二つ返事で、駆けつけて手伝って下さった方々。

 

助けて頂きました。

 

本当にありがとうございました!

現状、対価を用意できない中

全ては、影で支えてくださる皆様の好意と誠意で

アテプリ!が公演を打つことができました。

だからこそ、舞台は集団芸術なのです。

これほど多くの人が関わって始めて芝居というステージが生まれるのです。

皆さんの熱意と情熱が支えてくれました。

 

きっと、恩返しを出来るよう成長していきます!

 

そして、今回の機会を用意して下さいました

王子小劇場の皆様

本当にありがとうございました!

 

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://atepuri.blog119.fc2.com/tb.php/294-5597d7a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Google PageRank?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。