▼ATTENTION, PLEASE! (▼アテンションプリーズ!) 最新情報をお知らせします!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年7月22日

その日は300年に一度の皆既日蝕の日だった

そして、その日は、500年に一度のカレー伝説に新たな

伝説が生まれる最大のイベントの日だったのだ

 

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

第1回チキチキ誰のカレーが一番美味いか対決!

山村誠二 対 辰巳直人 対 小田島亜庭 対 山縣有斗

の、ガチンコカレーバトルが決行!

 カレー対決スタート

ご来店者は三票の投票権がある。

各カレーを試食し、採点し、投票する。

そして、投票が最も多かったカレーが晴れて

『マスター★オブ★カレー』

の称号を得る事ができるのである(ただし、一年間有効)。

優勝者は・・・

 マスター オブ カレー 山村誠二 

山村誠二(マスター★オブ★カレー) 

スパイスと鳥がカレーで出会った、そんな作品でした。

 山村誠二 カレー

     山村カレー

準優勝は・・・

小田島亜庭

カレーラーメンというジャンルに挑戦し、

スープと麺がスパイスカレーで出会った、そんな作品でした。

 亜庭カレー 

同率3位

辰巳直人 山縣有斗

同じ8票で終わりました。

辰巳直人は、チーズを最後の絡ませた、後片付けきっちりカレー

 辰巳直人 カレー

山縣有斗は、「なめこ」と「ハチミツ」が出会った、和風カレー

 見栄えわる

という結果でございます!

 

ご来店者は14名様!

どうも、ご協力ありがとうございました!

まいど~~~!

アテプリ!を支え、応援して下さる皆様の熱い視線が

カレーをさらに熱いカレーに仕立て上げました。

もっとたくさんお話をしたかったのですが

カレー創作にあまりに夢中になってしまい、お話しするお時間が

短くなってしまったことをお許し下さい。

そして、おつカレーライス。

 

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

ちょっと振り返ろう~

◆時刻18:00

鍋などの準備が始まる

どこに何があるか分からないまま、慌てて準備開始

 準備中

◆時刻18:40

予定より、10分押しで調理開始の合図

アテプリ!代表として山村誠二が選手宣誓!

「宣誓~!我々はカレーシップにのっとり、正々堂々と

 カレーを創ることを誓います」

 調理

         山村

◆時刻19:00

ぞくぞくとお客様が来店

各キッチンを回って、様子を見ながら質問が繰り広げられる

この時にも、審査が入っているのだ

お客様には、最後にアンケート用紙が渡され

各カレーに『栄養バランスのような表』をつくってもらうからだ

その中のひとつに「お母さん度」というのがある

後片付けの旨さや、優しさが響くところ

辰巳はカレー煮込み同時進行で後片付けをして点数を稼ぐ

辰巳のキッチンがヘブンズキッチンならば

山縣のキッチンはヘルズキッチンである。

亜庭のキッチンはデビルキッチンである。

山村のキッチンは小人キッチンである。

 解説 山縣カレー

そして、表の中に「エロス」というのもある

これは亜庭がもっとも得意とするところ

   亜庭

途中、辰巳が半裸になるも女性にはかなわない・・・。

山村は、バンダナ巻いた時点で既に「エロス」の範疇ではない

山縣は、黄色いTシャツの時点で既に道化である

 

そこが、このカレー対決の難しいところだ

 

◆時刻19:35

「試食開始!」

それぞれのカレーが半人前に盛られる

お客様は、お皿にご飯を盛って、それを持って各カレーと出会うシステム

つまり、『カレーと出会う君システム』である。

この時、初めて亜庭のカレーが

ラーメンと合わせる事実が発覚!

恐るべし!

ラーメンカレーとは!?

 食事

もぐもぐと黙々と食す一同

その目と味覚と嗅覚は恐ろしくスパイスによって覚醒されていた。

ホント、熱心でした皆さん。

         試食

食う 

 

◆時刻20:20

さらに遅れてご来店のお客様が登場

ギリギリ余ったカレーを試食

その食し方は、かなり熱心だった。

恐るべし

 迷う

◆時刻20:30

審査発表

司会の中内智子氏により開票!

都議会選挙よりも、熱いまなざしが彼女に向けられたのだった。

そして、『マスター★オブ★カレー』

山村誠二の手に

おめでとう!

 マスター オブ カレー 山村誠二

王冠と花輪とトロフィー(太陽電池で光る)が贈られました。

 

◆時刻20:45~21:00

後片付け・・・

21時で閉館となる施設の為

大慌てで後片付け!

ナンと、お客様が手伝ってくださって・・・無事21時に退場!

ありがとうございました。

『お母さん度』が一番高いのは実はお客様でありました。

いつも、母のように見守ってくださってありがとうございます。

アテプリ!とその仲間たちは

その皆様の暖かく優しい母なる目でもって生きております。

本当にありがとうございました!

 

第2回目のイベントもまた今後ご用意させて頂きます。

是非、よろしくお願いいたします。

 いえい

 

2009/7/22

アテプリ!一同

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://atepuri.blog119.fc2.com/tb.php/251-6ca1c3e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Google PageRank?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。