▼ATTENTION, PLEASE! (▼アテンションプリーズ!) 最新情報をお知らせします!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打ち合わせカレーって何やねん。

カレー対決の打ち合わせね。

 

我々アテプリ!は

亜庭(あにわ)と緊急接触!

予定を伝え、質問してみた

「どんなカレーで勝負するつもりだ?」

亜庭は答える。

「ええ~まだ決まってないんですよね~♪」

 小田島亜庭

しかし、その頭の中にいくつものレシピが存在することを

暗に意味していた・・・。

と、いう風に我々は解釈していた

 

亜庭は爪を隠し

勝負に挑むつもりらしい

食材1500円以内の待ったなし1本勝負!

亜庭の食材を探るヤマム。

しかし、ヤマムもまた、爪を隠す。

同じアテプリ!内でも、ヤマムは秘密にしている。

おっかねぇ・・・

ヤマムが亜庭に聞く

「トマト使います?」

亜庭が答える

「うう~ん。」

返事をにごす亜庭。

 山村 亜庭

探りあいが続いた・・・そして、

「バターチキンカレーを食べに行こう!」

 

探りあいをいったん放棄し

インドカレーのお店へ向かった。

そのメニューを開いた瞬間からまたも勝負が始まっているだ

「このカレーの食材は何?」

「ああ、これを材料に使うんだ!」

「あ、ホンモノのインド人だ。」

 食材

普通の食事にはない、味覚での探りあいが続いた

もはや、我々は後戻りはできないようだ。

もう、昔の楽しい関係には戻れないようだ。

今や、カレーライバルなのだ。

 

「ちょっと一口ちょうだい。」

「お、これは人参ですね?」

「ちょっと辛い奴かけてみます!」

「このスパイスは・・・草原が広がるようだ」

「ひき肉は・・・そうか、そういう事か!」

「あ、ホンモノのインド人をスパイスにして・・・」

  食う

そんな風にして、満腹になりながらも

試行錯誤をさらに重ねていく意思をそれぞれが持った

 

そして、レディースセットはヨーグルトがついて

我々メンズより100円安い。

  ナンと 山縣有斗

女だろうが子供だろうが容赦はしねぇ

そう山縣は心に誓った一日だった。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://atepuri.blog119.fc2.com/tb.php/247-ab6575c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Google PageRank?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。