▼ATTENTION, PLEASE! (▼アテンションプリーズ!) 最新情報をお知らせします!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あと、1ヶ月の脅威のカウントダウン!!

ダウン!する前に、最大アップをしなければならん!

 

という事で、短い稽古時間をさらに有効にすべく

毎回、ゴリゴリっと進行してます。

役者任せ、と言われる山縣演出

演出なんて、何かのきっかけに過ぎないよ、と。

そんな想いで、伝えています。

 

時々、グサリと一言を言っているので

それが、胸に刺さった人が、

役にちゃんと置き換えてくれるか心配でもあります。

本当に胸に刺さったら、痛いからです。

でも、体感する演技というのは、えてしてそういう事なんです。

 

だからこそ、このノンストップ演劇

面白い作品になるのです。

                 踊れ

舞監さんのシゲさんも、図面を持って登場!

舞監さんの紹介は、RED&WHITEブログでGO!

 http://thediscoqueen.blog69.fc2.com/

がっちり、舞台をバミって頂きました!

面白い構図だね。

なんどきも挑戦してるときって、ワクワクしてまうね。

舞台をバミってもらうと興奮する。

ああ、この空間。

ホンモノにしたいね、と。

その効果を思うとき、手に汗にぎってしまうぜ。

 

総勢17名の役者が揺れ動く・・・

それぞれ、持ち味も違うけども、熱い化学反応が楽しみです。

誰か

ロマンティック♪

と♪め♪て♪

スポンサーサイト

残すところ、あと1ヶ月。

の直前に、初稿をみなさんにお配りすることができました。

ううん、まだまだ荒削りな部分が多いですが

最高の改編をしていく予定です。

    生まれたて

今年は、これで4作品目

1作は、脚色という扱いですが、原案からがっつりテーマだけを踏んで

新作を書いたようなもんだったので4作品と発表しておきます。

①『やわらかいヘリコプター』(脚色)

②『マイハマ・バイス』

③『JUN AI CODE』

④『RED&WHITE』

年間、4人の子供を生んだ感じだね。

陣痛も割りと酷くて

破水もしました。

どれも違う子で、いっきに双子が生まれてくれればいいのに

と思ったりもします。

 

生まれた子供はどれも可愛いので

よろしくお願いします。

そして、今年最後の末っ子をよろしくね。

    よろしくお願いします

    このたび、脚本と演出で参加する

      12月29~元旦のステージ

THE DISCO QUEEN produces GOLD MEMBER

        『RED&WHITE』

 

    山縣有斗が出演決定!

        役者としても参戦です。

どうか、みなさま、アテプリ!とは違う空気をお楽しみ下さい!

          よろしくお願いします

今回は、脚本と演出のみに専念しようと思ってました。

というのは、役者と演出と脚本というのはそれぞれ全く違う作業。

そして、それぞれがあまりに大きい仕事。

準備期間が短いこと

初めて出会う役者ばかりの中、演出で導かなければならないことが

非常に多いこと

脚本の改変を繰り返したいこと

出演者に演出が出演するシーンでご迷惑をおかけすること

それを踏まえて、プロデューサーからの出演依頼に

何度となくお断りしていました。

それでも、「どうしても」というお話を頂きました。

また、出演を楽しみにしている方もいるというのもありました。

なので、茨の道・・・

を覚悟の上で出演させて頂くことを決意致しました。

 

今年最後の舞台

そして、来年最初の舞台

終わりにして、始まりな舞台へ

山縣は、裏も表も突き進みます。

   クリソ、ワンです

年末、東京にとどまる方々

お時間をちょうだい致します!

是非、ご来場をお待ちしておりますのでよろしくお願いします!

 

稽古の様子はDISCO QUEENのブログで確認できます!

⇒ http://thediscoqueen.blog69.fc2.com/#entry33

いよいよ『RED&WHITE』の船は出港しました。

無事に、キャストとスタッフの顔合わせが終了!

   集合

アテプリ!からは

演出助手山村誠二が参加。

そして、アテプリ!の最強の音づくり師して音響の

花澤孝一さんも音響で参加。

フライヤーデザインはアテプリ!デザイン全般の生みの親

服部直樹さんがデザイン!

 

心強く、頼もしく、そして安心です。

協力な助っ人のもと、暴れていきます。

 挨拶

脚本・演出から挨拶!という事で

 

「我々は芝居シップののっとり、正々堂々と

 DISCO QUEENで『RED&WHITE』を公演し

 最高の年末をお約束する事を誓います』

         顔合わせ

キャスト発表もしました。

様々な名前が17名、呼び上げられました。

妙な名前がちらほら・・・。

 顔合わせ

そして、

「打ち入り」という事で飲み会も決行されました!

来れないスタッフさんもいましたが

その分まで美獣乱舞です。

 飲む、打つ、買う、山縣有斗

キャストは17名!

役者だけで17名は初の試みです。

大家族だね、今回。

ベテランさんから新人まで幅広く年齢層もあって新鮮に楽しめます。

こんな怒涛の90分、観た事ない、って時間をお届けします。

年末はね、みんな忙しなく動いてるよね?

ちょっと間、劇場で腰を下ろしてみませんか?

 http://thediscoqueen.blog69.fc2.com/

年末のノアの方舟に乗ろうぜ。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

皆様にご報告!

このたび

▼ATTENTION,PLEASE!

『 かなざわ さち 』新参入しました。

女性という新しい風が、アテプリ!に吹き込みました。

ありがとうございます!

2009年11月12日を持って、正式に報告できるようになりました。

 新体制アテプリ!

アテプリ!は

かなざわさち、山村誠二、山縣有斗の3人体制

新たに動き出します。

そして

2010年は

新体制元年として

活動を始めますので、皆様、ご期待下さい!

 

暖かい、まなざしで、我々を見守り下さい。

どうか

よろしくお願い致します。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

◇◆ かなざわさち ◇◆かなざわさち

既にアテプリ!観劇されている方々ならご存知だとは思いますが

改めて、ご紹介させて頂きます。

アテプリ!VOL.4『マイハマ・バイス』のキャスティング時に

映画監督の佐藤福太郎さんのご紹介により出会いました。

その縁が繋がり、『JUN AI CODE』にも出演して頂き

今回、さらにご縁があって参入という運びになりました。

女優として、彼女の役作りは非常に熱く

自分自身に厳しく、さらに挑戦的な創りこみは作品を強烈にしてくれます。

ある意味、特殊な演出に真摯にHOTに立ち向かい

お客様を魅了する女優さんです。

落語、フラダンス、様々な挑戦もしながら

自身を磨いていくチャレンジャー。

そして、マスタード好き』な彼女をどうかよろしくお願いします!

 新体制アテプリ!2

いやぁ、楽しみですね。

ちょっと昔のドリカム体制ですが・・・

新ユニットで、荒波を駆け抜けようと思います!

 

 

2009/11/13

                         ▼ATTENTION,PLEASE! 

                                主宰:山縣有斗

執筆とは、孤独な作業・・・。

 

洗濯するときも

洗物をするときも

コーヒー入れるときも

シャワーを浴びるときも

病めるときも

どんなときも

 

頭が動きっぱなし。

みんな元気にしてるかなぁ~、なんて思ったりして。

 

何と福山圭介さんがフィルムで撮影した写真が出来ました。

味があってええねぇ~

心が和みます。

     病んだ山縣有斗 

恒例のキャスト紹介をもって

この『JUN AI CODE』を締めくくらせて頂きます!

 

紹介は、全て、演出山縣から観た個人的な紹介です。

 

今回も、素敵な俳優さんに囲まれて熱いステージになりました。

理解ある、探究心ある、冒険心ある、出演者あってこそ、

アテプリ!のステージは生きるんです。

舞台で本当に生きた出演者の皆さん

本当にお疲れ様でした。

そして、ありがとうございました!

 

※写真は、当パンで撮影した別バージョンです。

 それぞれが自分で選んだ『禁断の果実』です。

 

 ◇◆◇◆ キャスト ◆◇◆◇

 

★かなざわさち

 かなざわさち

 前回の『マイハマ・バイス』に次いで、アテプリ!出演2回目となります。

一番最初に決まっていたキャスト。

彼女の演技に対する姿勢、トライする姿勢が俺は好きです。

脚本ともしっかりと向き合い、その世界を生きてくれる素敵な女優さん。

メソードを学んできていて、生のモノを、生の演技を体現してくれます。

全てを包括するように見える姉役を、独りの女性として生きてくれました。

これから、きっともっと凄い役に挑戦して行くでしょう!

色んな役を見てみたい、そう思わせる女優さんです。

 ▼かなざわさちBlog「はちみつゴルゴンゾーラ」 

 ⇒ http://ameblo.jp/kanazawasachi/

 

 

★樋口好未 (有)エムティ企画

                樋口好未

アテプリ!VOL.1で出演、山縣外部演出脚本の『我輩は人間である』出演

と、今回で3回目の共演となりました。

言わずと知れた、レギュラーやイベントで仕事が多忙な中

負けず嫌いという持ち前の強さで役に挑んでくれました。

負けず嫌いは、テニスで培ったパワーだと思います。

タレントとしても、女優としても、凄いパワーを持ってます。

今回も山縣脚本ならと、2つ返事でOKを頂き、挑戦してくれました。

今回の茂名理沙役は彼女がタイプでない女性という事で悩みました。

しかし、その中から、何かを見つけて、素晴らしい演技を魅せてくれました。

役が求める仕事を生きがいに楽しそうに演じる姿は、ホンモノでした!

 ▼樋口好未オフィシャルBlog 「Charmy Smile」

 ⇒ http://ameblo.jp/yoshimi-higuchi/

 

 

★川島典明

       川島典明

優しくも熱いお兄ちゃんを熱演。

今回、アテプリ!初出演となりました。

これまで経験したことのない、稽古方法に最初戸惑いながらも

郷に入っては郷に従う、という真っ直ぐな視線で、対応してくれました。

徐々に開放されていく川島さんと共に、役に命が吹き込まれていくのを

何度も感じました。

最後の台詞で『すみません、テンションあがってサインしてしまいました』

って言う台詞が俺は凄い好きで、川島さんの言う姿も好きでした。

とても存在感の大きな俳優さんです。

 

 

★白樺真澄 (有)宝井プロジェクト

 白樺真澄

彼女もまた、アテプリ!初登場です。

5月末のVP撮影時に共演したのが、実は彼女でした。

そこから縁が繋がり、今回出演いただきました。

心あるナースを体現してくれました。

誰もが一度は介抱されたい、そんな看護士で、優しさを内包した素敵な

演技を魅せてくれました。

最初は稽古方法や稽古スタイルに戸惑っている様子もありましたが

一度、体験すると、どんどん挑戦していく熱い女性です。

今回の舞台では、人気NO.1キャラとしてお客様も出演者も癒してくれました。

彼女が持っている素材そのものが好きです。

 (有)宝井プロジェクトHP

 ⇒ http://www.wakiyaku.com/pro_detail.html?id=158

 

 

★手塚葉揺 

                 手塚葉揺

『てつか はゆら』と読みます。本名です。

アテプリ!初期のワークショップに参加していて、

アテプリ!VOL.1のオーディションも受けたことのある役者さんです。

彼の熱意が俺は好きです。

今回、山口ケン役を依頼しました。

情熱を持った人そのものを演じて欲しかったからです。

彼は持ち前の情熱で、その役を体現してくれました。

やはり、最初は稽古スタイルに戸惑いながらも、素直に挑戦して

行動に移していき、毎日スーツで稽古場に来る姿は

徐々に山口ケンになっていく様を観てるようで、楽しかったです。

彼の説得力のある山口ケンは、誰もが騙されそうでした・・・。

職業を変えないようにお願いしたい。

絵は売らないでぇ。

 

 

★梁間佳乃子

 梁間佳乃子

『マイハマ・バイス』に続き、アテプリ!2度目の出演となりました。

妊娠している役という大役を見事に演じきってくれました。

妊娠セットをして、電車に乗って席を譲ってもらったり、譲ってもらえなかったり

役を追いかけ、役をものにしていきました。

とても、素直な女優さんで、感じたことがそのまま表に出るっていう

素晴らしいものを持っています。

感じていても、表にでなければ意味がない。

彼女は、その素直さが女優として感性を大いに刺激します。

舞台上で、ホントに傷つき、苦しむ姿は圧巻。

共感した人も多いのではないでしょうか。

今後も、どんな役をしていくのか楽しみな女優さんです。

 

★祐妃美也 幻想芸術集団Les Miroirs

      祐妃美也

彼女もまた『マイハマ・バイス』に続いて、2度目の出演。

本番直前の1週間前まで別の舞台でダンサーとして立ち

多忙を極める中で、出演をお願いしました。

そして、制作まで手伝って頂きました。

短い稽古時間の中で、必死に役と向き合いながら

徐々に兄役の川島さんと、兄妹関係に近づいていきました。

優しい兄貴がいて、こういう妹あり!みたいな関係が見えてきたとき

何か、いいなぁ兄妹ってって思ってしまう説得力がありました。

徐々に本当に兄妹に見えてくるっていう。

ラストの『私の事信じてくれるの兄ちゃんだけだから』という台詞。

ほっとさせてくれました。

学びの姿勢を崩さず、積極的に役と向き合う力を持ってます。

これから、さらに楽しみな女優さん兼ダンサーさんです。

 幻想芸術集団Les Miroirs 公式HP

 ⇒ http://www.geocities.jp/les_miroirs01/top.html

 

 

★山村誠二 ▼ATTENTION,PLEASE!

                 山村誠二

ご存知、マスター★オブ★カレーです。

今回、制作も兼ねながらではあったけど

大きな成長を魅せてくれたと思います。

初めての主役。

その大役を泣きながら、喚きながら、苦しみながら、笑いながら

舞台上で、ホンモノの瞬間をたくさん魅せてくれたと思います。

『身内を褒めるのはどうかと思う』

と言う声があるかも知れないけど・・・

俺は演出として、いいモンはいいモンって言うよ。

素直に。

今後、さらなる飛躍を楽しみにしています。

 

 ◇ ダサー 

 

★三池富弓

  三池富弓 

『マイハマ・バイス』に次いで、2度目のアテプリ!出演。

『我輩は人間である』でも出演。

彼女のパワーあるダンス、ちょっと攻めるダンススタイル

どんどん磨きがかかって素敵です。

オープニングダンスの最初のソロはカッコいい。

花を彩るダンスでは、内面から少しずつ滲み出してくる演技

ちょっとエロさを残して、優雅でした。

今度、ますます内面から滲み出る演技を楽しみにしています。

 

★宮田愛

              宮田愛

彼女も『マイハマ・バイス』に続き、アテプリ!2度目の出演。

『我輩は人間である』を含め、3度目の共演です。

ラインの美しさ、線のきれいさでは抜群のモノを持っていて

毎回、お客さんを魅了します。

オープニングダンスでは、一番の笑顔とクールさを魅せてくれました。

街を象徴したコンテダンスでは、タバコを吸う姿がリアルで

ちょっと、実は裏で吸ってんじゃないのか?と思えたほど

(吸ってないですよ、あしからず)

彼女の持つ、魅惑さを今後もどんどん惜しみなく出して演技して

いくのをこれからも楽しみにしています。

 

★高橋友里

  高橋友里 

山縣外部作・演出『我輩は人間である』で2度目の共演。

そして、アテプリ!初登場。

『マイハマ・バイス』を観て、『私も出たかった!』と公言してくれました。

大のディズニーファンであり、ディズニーでダンサーを目指してます。

彼女の華奢な身体から、出てくるキラッとした演技

みていて気持ちがいい。

いい意味で飛んで行きそうなくらい、軽やかさを持つダンサーです。

星を彩るダンスシーンでは、彼女の手がとてもキラッと素敵に

星そのものを体現してくれました。

今後も幅広く活躍していくことを楽しみにしています。

 

 

★山縣有斗 ▼ATTENTION,PLEASE!

俺は・・・自分が観れないよぉ・・・。

作・演出のサガです。

    山縣有斗

 

『 JUN AI CODE 』

やはり、多くの方に支えられて無事終演しました。

 

どうぞ、スタッフ、出演者の今後の活動・活躍を

暖かく見守って下さい。

また、再会できるその日を楽しみにしております。

 

  礼

 

ありがとうございました!

 さて、『JUN AI CODE』の熱がさめないままに・・・

ここで、スタッフ紹介をさせて下さい。

舞台とは、総合芸術。

何一つ欠けても、生まれなかった。

だからこそ、力を注いで下さったスタッフの方々を紹介します。

ここに記載しきれないほど多くの力が集まっていました。

割愛した部分もございますが、そこはお許し下さい! 

 

    スタッフ含め

 

◆舞台監督:川前英典さん

出会いは、去年の10月外部で作演・出演した『我輩は人間である』の時でした。

その時の舞監さんが、何を隠そう川前さんでした。

時間厳守、任務遂行、完璧!という凄い印象でした。

しかも、要望もしっかり聞いてくれて頼りになる人。

今回のセット、舞台美術(ゴーギャンの絵)も実現してくれたのも川前さんです。

本当、凄い舞監さんだと思います。ありがとうございました!!

  

◆照明:榊原大輔さん

出会いは、去年の6月。演劇グランプリ東京シアターゲートの照明さんでした。

そして、アテプリ!で常時照明をして頂いていた安齋さんとも知り合いでした。

安齋さんが東京を離れた為、縁が繋がって榊原さんが力を貸してくれました。

笑顔で無理難題も余裕で対処してくれる、ホットな照明さんです。

舞監もしたりしています。

舞台に対する思いいれの深さ、とても感じました。

ありがとうございました!

    榊原さん

 

◆音響:花澤孝一さん

ご存知、元祖アテプリ!VOL.1からずっとアテプリ!の音響をして頂いてます。

時に作曲してくださったり、舞台で必要!欲しい!と感じた瞬間に、

密かに音を乗せてくれたりと、舞台をヒトキワ読んで盛り上げてくれます。

そして、何よりもアテプリ!の成長を見守ってくれる。

ムチャな山縣演出のフリに、しっかりと応えてくれる。

とても頼りになる存在です。

時に良きアドバイザーとしても・・・。

さっそく、次回は12月末のDISCO QUEENでも音響で力を貸してくれます!

乞うご期待。

いつもありがとうございます。

 

◆フライヤーデザイン・当パンデザイン:服部直樹さん

ご存知、いつもアテプリ!のチラシや当パンのデザインをして頂いてる方です。

今回も、仮チラ(ゴーギャン版)から、本チラ(赤ちゃんのキス)、当パンまで

アイデアを駆使して、素敵な世界を用意してくれました。

短い時間内で確実に素敵なモノをデザインしてくれます。

当パンは特に、小演劇界では類をみない作品として注目を集めています。

毎回・・・凄い!!っていう。

当パンを捨てれない、みんなの思い出の作品にしてくれる方です。

ビール差し入れありがとうございました!

縁が繋がって、12月末のDISCO QUEENでも仮チラをデザイン。

ありがとうございます!

 仮チラ   本チラ

 ※仮チラ               ※本チラ

 当パン 表

 当パン 裏

 ※三つ折タイプで、中身がカラーとなりますよ。

 

◆WEBデザイン:深江豊さん

出会いは、劇団カントカークトの飲み会でした。

カントカークトのHPデザインをしていて、気軽にアテプリ!も是非!とお願いした

ところ、二つ返事でOKして下さり、アテプリ!HPを創作して頂きました。

また、管理もしていて忙しい仕事の合間に力を貸してくださってます。

『ゴッホのひまわり』をイメージしたHPがいい!という山縣のムチャ振りに

様々なアイデアをぶつけてくれました。

そして、より素晴らしいHPにすべく現在はHP改装工事も自身が納得いくまで

アイデアを出してくれてます。

いつも、ありがとうございます!

アテプリ!HP ⇒ http://www.attention-please07.com/

 

◆WEB-CM:辰巳直人さん

言わずと知れた、アテプリ!VOL.1~3まで出演してきた男。

毎回、WEB-CMを創作して力を貸してくれます。

公演を重ねるごとに、クリエーターとしての才能を発揮し、CMそのものの

クオリティがどんどん上がって行く・・・。

さらには、自身の映像に対する挑戦心でもCMを高めていく。

忙しい最中、毎回、徹夜をしながらCMに魂を込めてくれる素敵なクリエーター。

ムチャ振りに、必ず応えてくれる。

頼りになる男です。

いつも、ありがとう!

CMはこちらから ⇒ http://www.attention-please07.com/

 

◆PHOTO:福山圭介さん

アテプリ!HPの写真撮影からお世話になり、さらに『マイハマ・バイス』では

稽古場の写真をたっぷりと撮影して頂きました。

光と影を操るカメラマンです。

様々なシーンで、様々なカメラとレンズを使い分け、『生』の瞬間を切り取って

素敵な写真を撮影してくれます。

前回の本番中の撮影依頼を忘れてた・・・っていう反省を生かして今回は小屋入りしてから

ゲネまで、カメラで撮影して頂きました。

福山さんは、小屋入りしてからの通し稽古を含め、本番を含め、

合計4回『JUN AI CODE』を観劇された観劇数を誇ってます。

しかも、どれも毎回、感動した、良かった、と感嘆して下さり、祐樹を貰いました。

写真、素敵です。

ありがとうございました!

 光と影

※記載の写真は全て、福山圭介さん撮影。

 

◆映像撮影:高橋弘明さん

出会いは、『我輩は人間である』でした。

その撮影と編集を見て、作品を残すには力を借りなければ!と思い

『マイハマ・バイス』でもお願いし、今回もお願いしました。

自身の撮影の仕事で多忙な中でも、急なお願いでも、なんとか時間を見つけて、

撮影して頂いています。

今回は、撮影で稲葉さんもいらっしゃりカメラ5台を導入して撮影してくれました。

しかも、稽古場にも時間を見つけて足を運んでくださり

貴重な映像がたくさん詰めて頂きました。

舞台撮影の大変さ、難しさ、それを理解して、しっかりと支えてくれました。

出来上がりが楽しみです。

本当にありがとうございました。

 

◆Tシャツデザイン:HEAD☆ROCK(吉浦好晃)

アテプリ!VOL.1からずっと、アテプリ!の公演Tシャツをデザインして

頂いてるHEAD☆ROCKです。

VOL.1「レザボア・キャッツ」では劇中で使用し

そこから、毎回、素敵なデザインをして頂いています。

他劇団と比べて格安で提供している上に、丈夫な素材、

素敵なオリジナルデザイン。

毎回、頭をフル回転し、魂を込めてデザインして頂いています。

お持ちの方、何度も着まわして

春夏秋冬を着こなしていきましょう!

毎回、多くの方に購入して頂いています。

少ない時間を削って、いつも用意してくれます。

本当に素敵なデザイン、いつもありがとう! 

 ※HEADE☆ROCKのHP ⇒ http://www.head-rock.jp/hr_top.html

  JUN AI CODE Tシャツ type:1

                                ゴーギャン

  JUN AI CODE Tシャツ2 type:2

                                    赤ちゃん

 

◆制作協力:中内智子さん(テラ・アーツ・ファクトリー)

頼りないアテプリ!制作をみかねて、密かに支えてくれた素敵な女性です。

稽古場にも足を運んでくれて、役者を応援して下さり

会った人を元気にしてくれます。

「マイハマ・バイス」でも多大な力を貸してくれました。

そして、今回もやはり、大きな力を貸してくれました。

ムチャ振りでも、笑顔を絶やさずしっかりと仕事をしてくれます。

役者の立場にもたって、見てくれる、とっても気配りの素晴らしい方です。

自身、テラ・アーツ・ファクトリーで活躍する女優さんです。

いつも、ありがとうございます!

 

◆制作協力:祐妃美也さん

『マイハマ・バイス』ではオーディションから参加し、出演。

そして、今回は制作を手伝って下さるという事で力を貸してもらう予定でした。

しかし、そんな中、どうしても出演してもらいてくて出演もお願いしたところ

快諾してくれて、制作を手伝いながら役作りにも応えてくれました。

本番1週間前まで別の公演に出演していたりと多忙な状況下で

責任を持って、誠意を持って、対応してくれた心強い味方です。

実は、初日・・・お客様を劇場内に迎えることにも協力してくれました。

出演者で唯一、出演前にお客様を案内してくれた方です。

人手不足などアテプリ!の不手際があった中、誠意を持って対応してくれた

とても熱い女性です。

本当にありがとうございました!

 

数え上げたら限がないです。。。

他、スペシャルサンクスで記載させて頂いた方々。

応援の声をかけて下さった方々。

二つ返事で、駆けつけて手伝って下さった方々。

 

助けて頂きました。

 

本当にありがとうございました!

現状、対価を用意できない中

全ては、影で支えてくださる皆様の好意と誠意で

アテプリ!が公演を打つことができました。

だからこそ、舞台は集団芸術なのです。

これほど多くの人が関わって始めて芝居というステージが生まれるのです。

皆さんの熱意と情熱が支えてくれました。

 

きっと、恩返しを出来るよう成長していきます!

 

そして、今回の機会を用意して下さいました

王子小劇場の皆様

本当にありがとうございました!

 

Google PageRank?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。