▼ATTENTION, PLEASE! (▼アテンションプリーズ!) 最新情報をお知らせします!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうもマスター☆オブ☆カレーです。

            第1回チキチキ
   誰のカレーが一番うまいか?
         対決!!



映像ができましたよ!!



   



辰巳さんがつくってくれました。
音楽も良いですよん


写真は編集中の様子ですよ☆

                090816_1910~01

辰巳さん、ホントにありがとうございます!!

090816_2206~01

カレーは俺のが美味しいけど(笑)


次回も一切負ける気がしないので。
スポンサーサイト
演劇ユニット ATTENTION,PLEASE!制作の山村です。

現在、アテプリ!では、第5回目となる10月の公演に向けて
出演者・ユニットメンバーを募集しております。

興味を持っていただいた方は、是非お気軽にご連絡下さい!


 ◆公演詳細◆

2009/10/22(木)~2009/10/27(火)

  ▼ATTENTION,PLEASE! VOL.5
  
   『-JUN AI CODE-』

□脚本・演出:山縣有斗(有限会社 GALLE FACE)
□場所:王子小劇場


  ☆★★☆★★☆★★☆★★☆

気がつくと、病院のベッドの上だった。
観ると、変な生き物がまわりで動いていた。

それはどうやら、人間というらしい。
眠っているときは「植物人間」と呼ばれ、目が覚めると「記憶喪失」と呼ばれた。

生まれたての感覚で見つめる世界。

そして、恋に落ちました。
そして、騙されました。
そして、傷つきました。

「我々はどこから来たのか。我々は何者なのか。我々はどこに行くのか。」

1枚の絵から、鮮明に観える世界。

ダビンチ・コードならぬ、ゴーギャン・コード!

アテプリ!が芸術の秋に全ての男女にお送りする
地球規模の恋患い演劇!日本上陸!






○募集要項○

Ⅰ.役者である、もしくは役者になりたい方
Ⅱ.下記スケジュールにて本番、東京・杉並の稽古に通える方
※キャリア・性別・年齢・国籍など一切不問!!!!!


◆稽古日程
9月中は週2回
10月前半は週4回
10月後半から毎日。最後の一週間は昼・夜です。


◇日時
毎週日曜日 18:00~22:00
※上記以外の、日時希望も受け付けております。
 まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

◆オーディション会場
杉並区民施設

※連絡あった方から、順にメールにてお知らせさせていただきます。

◇選考方法
面接・またはワークショップ形式で行います。
出演の可否は、1週間以内に連絡させていただきます。




【申し込み・参加方法】

■出演希望の方は
Ⅰ.氏名(フルネーム)
Ⅱ.連絡先
Ⅲ.簡単なプロフィール
Ⅳ.写真2枚(バストアップと全身)

を下記メールアドレスに送信ください。
※出演希望と記入してください。

●メール:act_atpl_2007@yahoo.co.jp



▼ATTENTION, PLEASE!

『エンタメ集団 演人全開』の元主宰の山縣有斗が
2007年にプロデュース劇団として立ち上げ、
2009年6月までに、4回の公演を記録。

■2008年 演劇グランプリ!第1回東京シアターゲート優勝!!!

2009年より演劇ユニットとし、さらに活動の幅を広げる。


▼ATTENTION,PLEASE! コミュニティ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2418693

▼山縣有斗ブログ 役者ノートブック
http://aritonight.blog65.fc2.com/

▼ATTENTION,PLEASE!のホームページ
http://www.attention-please07.com/


□写真
VOL.5 -JUN AI CODE- 先行フライヤー
JUN_AI_CODE_JPG_convert_20090819021702.jpg

先日のワクショ報告書

当初、オーディション開催予定でしたが

参加者が棄権したり

オーディションよりワクショ希望

という声もあり

急遽、オーディションを解体しワクショに徹しました。

 ワクショ

今回は思うようにオーディション参加者が集まらないという

ちょっぴり寂しい状況ではあります。

舞台には出演したい

けれど、ワクショのような努力するのは嫌!

それが、どこか根底にあるような気がします。

 

と言うのも、ワクショ形式のオーディションをするからかな。

 ワクショ

前、こういう事もありました。

5月と7月に出演舞台があるので

6月もやりたいからオーディションに来ました。

という・・・。

まるで空腹を満たそうとするかのように。

 

ワクショをすれば、その役者がどのような演出を受けてきたのか

どのような演技をしてきたのか、実はだいたい分かります。

色々な演技スタイルがあるから

それをプロデュース公演的に一度に集めて

目指す志向の演技と舞台芸術を融合するのは難しい

だから、山縣演出と演者の理解を結ぶ役割

このワクショにはあるんだけど

興味を持っても、一度も参加できず

理解を結ぶこともできなかったり

一度参加して、さらに興味を持っても

さらなる理解を結ぶことができなかったり

一度参加して、ここは大変そうだし、これまでと違うからいいや

という具合に、理解を結べないこともある

 

まぁ脚本執筆の遅さが、今回大いに関係してるかも知れないけど

 

それでも、ワクショには公演観に行くよりも参加したい

という意気込みで必死に理解を結ぼうとして

毎回のように足を運んでくれる方もいます。

さらに、人間理解を求めて来る方もいます。

  

それぞれの目的でいいよなぁ。

そう思える。

こちらの門の開き方が良くないのかなぁ?

演者が安易に出演するとこを求めすぎているのかな?

14名参加しても3名しか出演決定しないアテプリ!は

その需要にガッチしないのかな?

俺様がオーディションを受けるなんて面倒だ、という姿勢もあるのかな?

山縣って誰様だ?ってことかな?

小劇場の小舞台のクセにってことかな?

 

俺は天才でもなんでもない。

凡才を研ぎ澄ませた、変化し続ける演出家で脚本家で俳優です。

門は常に開いています。

制作でマスター★オブ★カレーの山村も俳優として変化し続けております。

弱小でも、最大な器で門を開いてます。

磨き続けることをお互い願って

磨き続けることを「よし」とする仲間を求めています。

 

どうか、よろしくお願いします。

 

ATTENTION,PLEASE!の10月公演のオーディションは
諸事情により8/9に延期になりました。


申し訳ありません。


お詫びにマスター・オブ・カレーのレシピを。


まず、


たまねぎを黄金色になるまで炒めます。


その後、調合したガラムマサラとバターで炒めます。


これでルーが完成!!!


バターチキンカレーは

取りのもも肉をバターとコショウでで炒め。

トマト(缶詰)と豆乳にガラムマサラと辛味調味料で煮込みます。


最後にバターを絡ませて出来上がり!!


最強カレーだぜ☆
Google PageRank?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。