▼ATTENTION, PLEASE! (▼アテンションプリーズ!) 最新情報をお知らせします!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恒例のキャスト紹介をもって

この『JUN AI CODE』を締めくくらせて頂きます!

 

紹介は、全て、演出山縣から観た個人的な紹介です。

 

今回も、素敵な俳優さんに囲まれて熱いステージになりました。

理解ある、探究心ある、冒険心ある、出演者あってこそ、

アテプリ!のステージは生きるんです。

舞台で本当に生きた出演者の皆さん

本当にお疲れ様でした。

そして、ありがとうございました!

 

※写真は、当パンで撮影した別バージョンです。

 それぞれが自分で選んだ『禁断の果実』です。

 

 ◇◆◇◆ キャスト ◆◇◆◇

 

★かなざわさち

 かなざわさち

 前回の『マイハマ・バイス』に次いで、アテプリ!出演2回目となります。

一番最初に決まっていたキャスト。

彼女の演技に対する姿勢、トライする姿勢が俺は好きです。

脚本ともしっかりと向き合い、その世界を生きてくれる素敵な女優さん。

メソードを学んできていて、生のモノを、生の演技を体現してくれます。

全てを包括するように見える姉役を、独りの女性として生きてくれました。

これから、きっともっと凄い役に挑戦して行くでしょう!

色んな役を見てみたい、そう思わせる女優さんです。

 ▼かなざわさちBlog「はちみつゴルゴンゾーラ」 

 ⇒ http://ameblo.jp/kanazawasachi/

 

 

★樋口好未 (有)エムティ企画

                樋口好未

アテプリ!VOL.1で出演、山縣外部演出脚本の『我輩は人間である』出演

と、今回で3回目の共演となりました。

言わずと知れた、レギュラーやイベントで仕事が多忙な中

負けず嫌いという持ち前の強さで役に挑んでくれました。

負けず嫌いは、テニスで培ったパワーだと思います。

タレントとしても、女優としても、凄いパワーを持ってます。

今回も山縣脚本ならと、2つ返事でOKを頂き、挑戦してくれました。

今回の茂名理沙役は彼女がタイプでない女性という事で悩みました。

しかし、その中から、何かを見つけて、素晴らしい演技を魅せてくれました。

役が求める仕事を生きがいに楽しそうに演じる姿は、ホンモノでした!

 ▼樋口好未オフィシャルBlog 「Charmy Smile」

 ⇒ http://ameblo.jp/yoshimi-higuchi/

 

 

★川島典明

       川島典明

優しくも熱いお兄ちゃんを熱演。

今回、アテプリ!初出演となりました。

これまで経験したことのない、稽古方法に最初戸惑いながらも

郷に入っては郷に従う、という真っ直ぐな視線で、対応してくれました。

徐々に開放されていく川島さんと共に、役に命が吹き込まれていくのを

何度も感じました。

最後の台詞で『すみません、テンションあがってサインしてしまいました』

って言う台詞が俺は凄い好きで、川島さんの言う姿も好きでした。

とても存在感の大きな俳優さんです。

 

 

★白樺真澄 (有)宝井プロジェクト

 白樺真澄

彼女もまた、アテプリ!初登場です。

5月末のVP撮影時に共演したのが、実は彼女でした。

そこから縁が繋がり、今回出演いただきました。

心あるナースを体現してくれました。

誰もが一度は介抱されたい、そんな看護士で、優しさを内包した素敵な

演技を魅せてくれました。

最初は稽古方法や稽古スタイルに戸惑っている様子もありましたが

一度、体験すると、どんどん挑戦していく熱い女性です。

今回の舞台では、人気NO.1キャラとしてお客様も出演者も癒してくれました。

彼女が持っている素材そのものが好きです。

 (有)宝井プロジェクトHP

 ⇒ http://www.wakiyaku.com/pro_detail.html?id=158

 

 

★手塚葉揺 

                 手塚葉揺

『てつか はゆら』と読みます。本名です。

アテプリ!初期のワークショップに参加していて、

アテプリ!VOL.1のオーディションも受けたことのある役者さんです。

彼の熱意が俺は好きです。

今回、山口ケン役を依頼しました。

情熱を持った人そのものを演じて欲しかったからです。

彼は持ち前の情熱で、その役を体現してくれました。

やはり、最初は稽古スタイルに戸惑いながらも、素直に挑戦して

行動に移していき、毎日スーツで稽古場に来る姿は

徐々に山口ケンになっていく様を観てるようで、楽しかったです。

彼の説得力のある山口ケンは、誰もが騙されそうでした・・・。

職業を変えないようにお願いしたい。

絵は売らないでぇ。

 

 

★梁間佳乃子

 梁間佳乃子

『マイハマ・バイス』に続き、アテプリ!2度目の出演となりました。

妊娠している役という大役を見事に演じきってくれました。

妊娠セットをして、電車に乗って席を譲ってもらったり、譲ってもらえなかったり

役を追いかけ、役をものにしていきました。

とても、素直な女優さんで、感じたことがそのまま表に出るっていう

素晴らしいものを持っています。

感じていても、表にでなければ意味がない。

彼女は、その素直さが女優として感性を大いに刺激します。

舞台上で、ホントに傷つき、苦しむ姿は圧巻。

共感した人も多いのではないでしょうか。

今後も、どんな役をしていくのか楽しみな女優さんです。

 

★祐妃美也 幻想芸術集団Les Miroirs

      祐妃美也

彼女もまた『マイハマ・バイス』に続いて、2度目の出演。

本番直前の1週間前まで別の舞台でダンサーとして立ち

多忙を極める中で、出演をお願いしました。

そして、制作まで手伝って頂きました。

短い稽古時間の中で、必死に役と向き合いながら

徐々に兄役の川島さんと、兄妹関係に近づいていきました。

優しい兄貴がいて、こういう妹あり!みたいな関係が見えてきたとき

何か、いいなぁ兄妹ってって思ってしまう説得力がありました。

徐々に本当に兄妹に見えてくるっていう。

ラストの『私の事信じてくれるの兄ちゃんだけだから』という台詞。

ほっとさせてくれました。

学びの姿勢を崩さず、積極的に役と向き合う力を持ってます。

これから、さらに楽しみな女優さん兼ダンサーさんです。

 幻想芸術集団Les Miroirs 公式HP

 ⇒ http://www.geocities.jp/les_miroirs01/top.html

 

 

★山村誠二 ▼ATTENTION,PLEASE!

                 山村誠二

ご存知、マスター★オブ★カレーです。

今回、制作も兼ねながらではあったけど

大きな成長を魅せてくれたと思います。

初めての主役。

その大役を泣きながら、喚きながら、苦しみながら、笑いながら

舞台上で、ホンモノの瞬間をたくさん魅せてくれたと思います。

『身内を褒めるのはどうかと思う』

と言う声があるかも知れないけど・・・

俺は演出として、いいモンはいいモンって言うよ。

素直に。

今後、さらなる飛躍を楽しみにしています。

 

 ◇ ダサー 

 

★三池富弓

  三池富弓 

『マイハマ・バイス』に次いで、2度目のアテプリ!出演。

『我輩は人間である』でも出演。

彼女のパワーあるダンス、ちょっと攻めるダンススタイル

どんどん磨きがかかって素敵です。

オープニングダンスの最初のソロはカッコいい。

花を彩るダンスでは、内面から少しずつ滲み出してくる演技

ちょっとエロさを残して、優雅でした。

今度、ますます内面から滲み出る演技を楽しみにしています。

 

★宮田愛

              宮田愛

彼女も『マイハマ・バイス』に続き、アテプリ!2度目の出演。

『我輩は人間である』を含め、3度目の共演です。

ラインの美しさ、線のきれいさでは抜群のモノを持っていて

毎回、お客さんを魅了します。

オープニングダンスでは、一番の笑顔とクールさを魅せてくれました。

街を象徴したコンテダンスでは、タバコを吸う姿がリアルで

ちょっと、実は裏で吸ってんじゃないのか?と思えたほど

(吸ってないですよ、あしからず)

彼女の持つ、魅惑さを今後もどんどん惜しみなく出して演技して

いくのをこれからも楽しみにしています。

 

★高橋友里

  高橋友里 

山縣外部作・演出『我輩は人間である』で2度目の共演。

そして、アテプリ!初登場。

『マイハマ・バイス』を観て、『私も出たかった!』と公言してくれました。

大のディズニーファンであり、ディズニーでダンサーを目指してます。

彼女の華奢な身体から、出てくるキラッとした演技

みていて気持ちがいい。

いい意味で飛んで行きそうなくらい、軽やかさを持つダンサーです。

星を彩るダンスシーンでは、彼女の手がとてもキラッと素敵に

星そのものを体現してくれました。

今後も幅広く活躍していくことを楽しみにしています。

 

 

★山縣有斗 ▼ATTENTION,PLEASE!

俺は・・・自分が観れないよぉ・・・。

作・演出のサガです。

    山縣有斗

 

『 JUN AI CODE 』

やはり、多くの方に支えられて無事終演しました。

 

どうぞ、スタッフ、出演者の今後の活動・活躍を

暖かく見守って下さい。

また、再会できるその日を楽しみにしております。

 

  礼

 

ありがとうございました!

スポンサーサイト

今日は、川崎ミュージアムまで遠征!


アテプリ!のプロフィール写真

   アテプリ!

稽古場の写真を撮って下さった

  稽古場

福山圭介さんの写真を鑑賞しに行きました

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

『シルバーソルトクラブ第二回写真展』

 

6月28日(日)まで~!!

シルバー・ソルト・クラブ第2期写真展
川崎市市民ミュージアム3Fギャラリー
6月23日(火)~6月28日(日)午前9:30~午後5:00
28日最終日は午後3時終了
ウエルカムパーティ
6月27日(土)午後4時30分より1Fカフエにて
http://www.kawasaki-museum.jp/guide/annai/access.html

★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 

グループ展という事で

9人の写真家の写真が並んでいました~。

白黒の世界。

モノクロの世界。

シルバーソルトというだけあって、

光と影が色々な視点で浮かび上がってました。

 

どれもステキな写真群でしたよ~。

 

気になって、何度か見直した写真もいくつかあります。

絵葉書売ってたらいいのに。

個人的には

絵画的な雰囲気を持つ写真が好き。

一瞬「絵じゃないの?」って思ったりもする感じ。

 

俺の視点から、発見したのは

自然(空・海・木)が写ってる写真は

観ていると、『動いてる、生きてるニュアンス』が埋め込まれている。

中に水面の写真をたくさん取ってる黒田正彦さんの作品は

水面がデザイン的に写って、ある種感動。

この幾何学模様が自然の一部なのか・・・

顔にも見えてきたし・・・



鈴木朋子さんの作品で

一番目にあったのなんて

雲がね、とうもろこし畑がね、少年がね

生きてたね。

鈴木さんは声を掛けて下さって、お話を少ししました。

何でも8年前の写真との事。

今は無き、景色。

凄い、どこか昭和なんだよ。

平成なのに、写真だと昭和なんだよ。




逆に、

逆にね、

アスファルトやビル群んどは

瞬間を切り取ったど~~!って感じが凄いする。

撮った人の目線をモロ感じる。

そう、目線を感じた。

撮影した人のレンズから覗いてるとこから

俺も観てる、みたいな。

 

福山さんの今回の作品は

プロフ撮影時に見せてもらった写真とは違った雰囲気で

たくさんの人が写っていた。

ミスチルの「GIFT」のPVが脳裏に蘇った。

空と人が一緒にいる。

自然の一部のような。

人が自然から受けてる何かポジティブ感を感じました。

いいなぁ。

ともて面白い視点で、素敵な写真でした。
 
 

そう感じました。

自然の陰影に

心奪われます。

人のかたちも好きだなぁ。

動物も好きだなぁ。

 
★★★福山圭介さんの作品はこちら★★★

 福山圭介さんの作品

http://www.flickr.com/photos/7268566@N05/


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

福山さんに撮影して頂いた、稽古場風景の写真は

今後、HPに掲載させて頂きますよ~

まだ、準備中ですが・・・ 

乞うご期待!しばしお待ちを~~~

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 デザイナー

この響、いいよね?

アテプリ!ロゴから、フライヤー、チケット

当日パンフレットまで、あらゆるものをデザインして頂いてる

デザイナーさんがいます。

服部直樹氏。

 

 ロゴ

 

アテプリ!を観劇して、フライヤー(チラシ)を目にすると

俄然、素晴らしいセンスを感じるのではないでしょうか?

「美」に対するセンス

これは、本当に大事!!

他の劇団の公演を見ても

コピー用紙に、素人がちょっと手を加えて程度のプログラムや

チラシ、チケットなど、俺は軽く許せないのです。

 

舞台芸術において、出来る限り全て芸術センスを持って欲しい

そう思ってます。

その期待に毎回応えてくれるのが服部直樹氏!!

毎回、ぐんぐんハイレベルな注文にサクッと応えて下さる!

特に「マイハマ・バイス」はチラシから

貰った時点で笑ってしまった。

チラシを観て、「ふふ」ってなる事はなかなかない!

 AP_vol4_表1 マイハマ・バイス 裏

本当に素晴らしい。

そして、チケットにおいても。

映画チケットのようにというお願いが、それ以上のバランスセンス

届きました。

このチケット、観劇したお客様、お手元にお持ちですか?

        チケット  ←いい!!

カッコいいです。

さらには!

当日パンフレット。

今回は、夢・魔法をテーマにお願いしたところ

本当に小劇場で見たことのない、ステキな作品が出来上がったと思います。

皆さん、お手元にはまだございますか?

 当パン裏

 当パン表

一貫して思ってることは

観劇したあと、家に帰っても、「捨てない」「捨てなくならない」

そんなコンセプトを最初から持ってお願いし

間違いなく、芸術を服部直樹氏は創造して形にする。

 白黒が

 一見モノクロが・・・

 開くと・・・

 開くと

 カラーになって

 夢広がる

 広がるとカラー

 

もちろん、年末大掃除でうっかり捨ててしまうことはあるかも

知れませんが・・・、ダメですよ~~!!

演人全開時代にも、実はチケットの半券代わりのものを制作して

頂いたり、10回目公演にはチラシを制作して頂いたり

そのクオリティは本当に高い。

毎回、お世話になっております。

 

最初の「レザボア・キャッツ」のフライヤーもある伝説がある。

ある飲み会で、初めてお会いした横浜ウォーカーの編集者の方

自己紹介したときのこと・・・

「アテプリ!を主宰してます、山縣です」と言うと

「あ、聴いたことある、ああ、あのオレンジ色の文字で!」

と、何と!!

アテプリ!をご存知だったんです。

横浜ウォーカーの編集者の方が、

作品は見てないけども、折込でチラシを観て、

素晴らしいチラシだったので取っておいたのだという。

 アテプリ1チラシ表20 アテプリ1チラシ裏15

これ、凄いよね?

フライヤーパワー!!

  

いつも、素晴らしい作品

本当にありがとうございます!!

 

どうか、皆さん、時々、読み返したり

見返したり、或いは、アルバムに挟んだり

近い将来の為に保存しておいてくださいね!!

 

どうか、よろしくお願いします。

そして、今後とも、総合芸術として、お互いのアートと

クリエイターの相乗効果を最大に広げて

次に向かって、進んでいきたいと思います!

今後も乞うご期待!!

 

今後アテプリ!HPにも、デザインコーナーを設けたいなぁ~

多くのクオリティの高いクリエイターが集まって

創造芸術に向かって行けたら

本当に最高だなぁ

 

本当に力を貸して下さって、ありがとございます。

 

◇◆裏話◇◆

 アテプリ!という名前は、服部直樹氏と一緒に発案した名前

 なんですよ・・・。 実は、『生みの親』でもあるんです。

さあ、続いては

「マイハマ・バイス」出演者の男編

男性陣は、実は以前も共演した事のある俳優ばかり

これまた、演出山縣目線で、勝手に紹介させていただきます。

 

 取調べ

 

★櫂シュウ

 櫂シュウ 

石原仁太郎(刑事)役

櫂シュウさん、メソードを勉強し、とことん突き詰めて体感し演技する

とても尊敬する俳優です。

2007年、アテプリ!VOL.1「レザボア・キャッツ」で8年ぶりに再会し共演

2008年、櫂シュウさんの劇団カントカークト「吾輩は人間である」で共演し

2009年4月、劇団カントカークト「やわらかいヘリコプター」でも共演し

6月「マイハマ・バイス」で共演。

アテプリ!創立以降、非常にお世話になり、苦楽を共にしてきました。

役を突き詰める事、台詞を自分の体感から発することの重要性を

体現し、作品に貢献。

実際に大雨が降る中、独り柵を越えて駅に忍び込み、

花火に日を点ける、という事を深夜に体験して

回想シーンにその体感を持って来てくれました。

本当に熱い人です。

               悩める櫂シュウ

打ち上げでは、マイハマ・ファイブに対し親戚のおじさんか!?

っていうくらいに、アホになっていた姿を目撃し

奥さん役だった、かなざわさち含め俺もちょっと引いてしまった・・・。

という大人な子供な大人です。

いつもありがとうございます!

 

今後の櫂シュウの活動は下記劇団HPまで

◇劇団カントカークト 公式HP◇

  http://kantokirkto.com/

 

 

★松坂龍馬

 松坂龍馬

ジーパン(刑事)役

芸名みたいな、本名。

彼は去年まで劇団カントカークトに所属し、「吾輩は人間である」で

山縣演出に触れていた。

そして、「やわらかいヘリコプター」では少しだけ共演。

そして、今回出演を依頼。

とても理解、向上心のある男で、これからがもっと楽しみな俳優。

身内を裏切るような、ベテラン刑事をムショにぶち込むという

心の痛む役を、しっかりと体現してくれました。

繊細さが、その目からも溢れ、自信を持った時の彼の演技は面白い。

そして、キャストとして1回転して「新キャラのジーパンだよ」で

多くの人の心を鷲づかみにしてくれました。

 松坂龍馬

舞台袖では、ステージに出る時、一番袖幕(黒幕)を揺らして

大きく揺れる袖幕を抑えるのに苦労しました、勢いある俳優です。

公演中、「ジーパンがベタベタする」と言い出したので、

彼のジーパンには要注意です。

 

 

★山村誠二

 山村誠二

美月良夫役

前回の「コレナンダパンダ」でオーディションで合格し出演し

今回からアテプリ!に入って、制作兼俳優として活動。

大変忙しい中、必死で働いていました。身内ではあるけど紹介します。

前回と比べ、本番直前で何か急に成長を始めた、という感じです。

何かがふと心に落ちれば、演技が変る。

彼にも、それが起こりました。

ワークショップでも、ずっとある様々な課題をなかなかクリアに出来ず

それでも、ひた走った結果。

そして、素晴らしい共演者に囲まれた結果だと思います。

今後とも、アテプリ!山村誠二をよろしくお願いします。

次はカレー対決も迫ってますので・・・乞うご期待!

           山村誠二

 

★山縣有斗

 山縣有斗

真宇利光役

・・・これは、もういいよね?

毎回、人を紹介するけど自分がないので、寂しいのでちょっと載せました・・・。

皆さん、ご迷惑をお掛けしました。

そして、ありがとうございました。

カミカミ王子です。 

 山縣有斗

 

女優、俳優、ダンサーと紹介して来ました。

何度も言いますが、短い期間でもみんなの集中力で助けられました。

全員が、ステキな魔法に掛かっていたのかも知れません。

って、クサイなぁ・・・。

 

また今後も共演したい演者ばかり

共演が、実現されることを目指して・・・

 どん!

今後とも、どうか応援をよろしくお願いします。

そして、それぞれの活躍をお見逃し無く!

このアテプリ!稽古場ブログでお伝え出来る事はしていこうと思います。

皆さん、どうか、アテプリ!稽古場ブログにリンクを!!

http://atepuri.blog119.fc2.com/

ありがとございました!

 

 さて、お待たせしました~。

「マイハマ・バイス」出演の女優さんを紹介します。

全て、演出山縣目線の紹介になりますので予めご了承を!!

順不同~です。

 

★かなざわさち

かなざわさち  

石原喜美江(石原刑事の奥さん)役

実は今回、探して探してやっとめぐり合えた、女優さんです。

出番こそ少なめですが、かなりの精神力を必要とする重要な役どころ。

それを、短い準備期間でしっかりと作ってくれました。

実年齢よりも高い設定の中、十分な存在感で生きていました。

突き詰めて考え、体感し、そこに在る姿は

石原喜美江という人そのものを映した姿でした。

脚本からしっかりと役作りに組み込むべきものを汲み取り

余分な油を必要としない、素晴らしい女優さんです。

差し入れも非常にたくさん持って来てくれました~!

中でも「おかき」は最高です。

ありがとう!!

         本番中の写真です

          ↑本番中に撮影してる写真ですよ~

◇次回、制作で関わる舞台があるとの事です。

今後の彼女の情報は、

かなざわさちブログ『はちみつゴルゴンゾーラ』まで!!

 http://ameblo.jp/kanazawasachi/

 

 

★小田島亜庭

小田島亜庭 

五十嵐織江役

「コレナンダパンダ」でアテプリ!初出演。

そして、今回オーディションで合格し共演となりました。

彼女の成長は、この「マイハマ・バイス」抜きには語れない。

キャスト役として、どんどんマイハマ・バイスの世界に入って行き

体感に体感を重ね、出てくる言葉がどんどん魂がこもっていく・・・

そんな素晴らしい過程を見てきました。

『この世界に生きる事が大好きだ』という事がひしひしと伝わってきました。

きっと、彼女の言葉から「マイハマ・バイス」の世界の素晴らしさが

伝わったと思います。

 小田島亜庭

 ↑PHOTO by Keisuke Fukuyama

北海道からのお土産、生キャラメル、いつもありがとう!!

 

 

★梁間佳乃子

 梁間佳乃子

新見千春役

アテプリ!初登場!

今回のオーディションで合格して、出演していただきました~。

とってもステキな女優さんです。

オーディションの時から、臆することなくどんどん立ち向かってくる!

『信じたいのに信じれない』そんな辛い役どころをしっかりと

前からぶつかり、時に涙し、時に激怒し、揺れ動く心理をしっかりと

体現してくれました~。

自分の中にある壁を何度も飛び越えて来た勇気ある女優さんです。

   梁間佳乃子 

     ↑PHOTO by Keisuke Fukuyama

噂の新見コーヒー、ありがとう!

おいしかったよ♪

 

 

★祐妃美也

  祐妃美也

白井ユキ役

彼女もアテプリ!初登場!

オーディションで見事合格し今回出演して頂きました~。

女優として成長したい、出演したい!と言う強い熱意

最初から彼女にありました。

演出の言葉を素直に捉え、何度も自分で解釈しなおし、そして準備して

稽古に持ち寄る姿は、ともて熱い。

そんな真剣さが見事役とリンクし、苦境と戦ってきた、

熱のあるメインダンサーの姿を、しっかりと体現してくれました。

ラストの去り際、とっても空気を和やかにしてくれました。

彼女のマッサージ、効きました!ありがとう!!

実は、公演直前にユンケルも用意してくれました!ありがとう!

            祐妃美也 PHOTO by Keisuke Fukuyama

◇祐妃美也 所属劇団:幻想芸術集団 Les Miroirs

公式HP:http://www.geocities.jp/les_miroirs01/top.html

 

今回、女優陣は小田島亜庭以外、全員初登場!

とっても新鮮でした。

それでいて、とても理解もあって短い稽古スケジュールの中

真摯に役と向き合い、準備をしてくれました。

そして、毎回、差し入れも多数。

なんか女性陣が多いと、とっても和やかな空気が生まれ

ピリピリした空気も、時に和らぎ

いい稽古場となりました。

そして、出演者同士が、どこかで誰かの知り合いと繋がっていたり

実はかつて同じ養成所だったと発覚したり、

様々な縁があって繋がっていました。

 

本当に縁だなぁと思います。

本当にありがとう。

そして、これからもどうかよろしくお願いします。

 稽古場

そして、彼女たちの今度をどうか追いかけて下さい。

様々なステージできっと活躍していきます!

  

★★

白黒写真は、稽古場を撮影して下さいました

  Keisuke Fukuyama さん撮影のものです。

アテプリ!HPで今後アップしていきますので乞うご期待!

                                ★★

 

Google PageRank?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。